読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京 銀座 丸の内 婚活 BlissLife diary お節介

結婚相談所を開業するにあたり…

ちょっと自分のお節介エピソードを振り返ってみました。


彼氏のいない女性のお友達や彼女のいない男性のお友達を集めてお食事会をしたり、少しだけお節介なところが昔からあった私。。。
その中で何組かカップルになることも有り・・・
交際がスタートしてからも男性側、女性側両方から交際が行き詰まった時に相談を受けることも・・・
そういう時は、とにかくじっくりお話を聞いてあげる事にしています。
両者共、自分の言い分を聞いて欲しい・・・という気持ちか、決断したものの誰かに背中を押して欲しい・・・
どちらかなんだと思ってお話を聞く事にしていました。
話を聞き終わったら『自分が相手の立場だったらどうなのかな?』と聞いてみます。そして、『自分が納得がいっているのならば、それは自分にとってベストな答えなのでは?』と投げかけてみます。
仲直りするにしても別々の道に進むにしても、自分が納得がいくまでやった結果であれば後悔はないのですから・・・
自分の価値観や人生観を押し付けたりする事は余計なお節介になってしまうと思うので相談を受けた時は丁寧に話しを聞いてあげて着地点の言葉を見つけやすいようにパスを投げてあげるように心掛けています。

 

結婚相談所というと、悪いイメージを持っているひとは、強引にタイプでない人と結婚させられてしまうのではないか・・・
などと勘ぐっている人がいますが押し付けにならない婚活サポートが出来るように心掛けたいと思います。

 

#婚活  #結婚相談所  #心掛け #自分の言い分 #着地点